プロミス審査とモビット審査はどっちの方が通過しやすい?

カードローンの審査通過率に関しては、申込者の年収や過去の債務状況などを含めた「信用能力や返済能力」によって結果が決まる為、一概にどうこうと言うことは出来ません。

ほとんど変わらない状態で申し込みをしたとしても同じ結果になるとは限らない為、常に出来る限り可能性を高めるための行動をすることが大切です。

プロミスとモビットを比較して「どちらの方が契約しやすいのか」ということを考える場合、重要な点は「申し込み時の状況」です。

いわゆる「属性」と呼ばれるものがモビット・プロミスの融資基準をクリアしているのかどうか、モビット・プロミスの顧客ニーズがどのようになっているのかと言った点が結果にも影響を与えるため、まずはそれらに関する確かな知識を身に付けることが必要です。

審査通過率というものを簡単に比較することは出来ませんが、一般的な見解では「モビットよりもプロミスの方が融資基準が低い」と言われています。

その根拠となるのは「実際に利用した人の結果」を分析したものによりますが、すでに書いている通り全く同じ状況で申し込みをしている訳では無いので、結果には若干のかい離がある可能性が否定できません。

また、「即日融資」を基準に比較する場合、他社にない取り組みをしているモビットの方が可能性が高くなると言えますが、その為の準備はプロミスの方が簡単に完了できる可能性が高いので状況次第では順位が逆転する可能性は十分にあります。

プロミス審査が甘い・ゆるいと言われている理由 

これからプロミスでお金を借りようと考えている方が結構いるかと思われます。グレーゾーン金利が禁止されたので、消費者金融でお金を借りても全然良いと言うことができます。

特にプロミスは審査が甘い・ゆるいと言われているのでおすすめです。そこで、なぜ審査が甘い・ゆるいと言われているのかについて見ていきます。

理由は基本的に20歳以上69歳以下で毎月安定した収入がある方であれば審査に通る可能性が高いからです。審査が厳しいところが少なくありませんが、シンプルな基準になっているので好感が持てます。ただ、プロミスでもお金を借りることができないケースがあります。

それはどういうケースなのかというと、信用情報に長期延滞や債務整理の情報が掲載されていたり、他の消費者金融からの借り入れが5件以上ある、プロミスで30日以上延滞した経験がある等のケースになります。

収入面は毎月安定した収入が得られるサラリーマンであれば大丈夫です。問題なのは芸能人やスポーツ選手、作家、フリーライター、投資家といった不安定な職の方は審査に落とされてしまう可能性が高いので気をつけてください。

これらの条件は他の消費者金融にもあるので、プロミスで審査に通らなければ他の消費者金融やカードローンでも無理だと考えるべきです。主婦や学生でも一定の収入があれば10万円程度であれば借りることが可能となります。

したがって、確実にお金を借りたい方はプロミスが適しています