ネットからプロミスの審査を受けるときに知っておきたいこと

プロミスではさまざまな方法でカードローンの申し込みをすることができます。最も簡単に手続きを開始できるのはネットからの申し込みです。住所氏名生年月日など、個人情報の他に、お勤め先に関する情報、現在ある他社での借り入れ状況を記入します。

フォームにデータを入力していくだけで申し込みが完了しますので、手書きで書かなくて良い分楽でしょう。申し込み方法によって審査内容が変わることはありませんので、利用しやすい方法を選ぶことができます。

ただしプロミスには自動契約機も用意されています。ネットで契約した場合はカードの発行まで時間がかかってしまうこともあります。自動契約機では契約が完了したタイミングでカードが発行されるので、待つことなくお金を借りることができます。プロミスで即日融資を希望するのであれば、自動契約機を利用したほうが良いでしょう。

また、ネットからの申し込み時に気をつけたいのが、打ち間違いです。審査では信用情報を照会しますが、申し込み内容と相違があると手続きに時間がかかってしまうこともあるのです。

申し込みは複数の手段を分けて利用することもできます。例えば仮審査までの手続きはWebから申し込みを行い、カードが発行される本審査の段階で自動契約機に行く方法です。

最初から自動契約機を利用していると、契約機のあるブースの中でしばらく待たなくてはなりません。待ち時間を短縮するためにも、カードを受け取るときだけ自動契約機を利用したほうが良いのです。

プロミスと契約する場合、グループ銀行の三井住友銀行の契約機を利用することも可能です。

プロミス審査結果のメールや電話が来ない時の解決方法

プロミスは審査速度でも一定の評価を得ている消費者金融です。最短で30分程度で審査結果が出ますが、そのときの混雑状況などによって前後することがあります。審査結果がなかなか来ない場合には2つの原因が考えられます。1つは単純に時間がかかっていることです。

申し込んだのに忘れられてしまうようなことはありませんので、待ちましょう。2つ目に連絡先に書いたメールアドレスが違っているケースです。特に複数のアドレスを利用している人は、どのアドレスを記入したかしっかり覚えておきましょう。

もしアドレス違いが間違っており、存在しないアドレスにメールを送ればエラーが発生しますので、プロミス側でも結果を伝えられなかったということがわかります。その場合は電話で結果を知らせてもらうことができます。

電話番号もメールアドレスも違った場合は、プロミスから連絡を取る手段がありません。半日しても結果の連絡がない時は電話をかけて確認しても良いでしょう。

1つ注意しておきたいのが、迷惑フォルダの存在です。設定によってはプロミスからの連絡がこの迷惑フォルダに振り分けられてしまう可能性もあります。もしなかなか審査結果の連絡がないと思った場合は、迷惑フォルダの中も確認してみると良いでしょう。

もしアドレス違いもなく届かない場合は、サーバー側で削除されている可能性もありますので、一度プロミスに連絡をし、その場で送信してもらうと良いでしょう。審査に通って契約となった場合、連絡が届かないと困ることになるケースもあります。